ミシンで上手に縫う為にはミシンの針の種類の使い分けが必要だった、針の種類と見分け方

ミシンで縫う際、ミシンの針の太さや種類を意識しているでしょうか。

針と布が合っていないと布に大きな穴が空いたり生地がつってしまう原因になります。

家庭用ミシンでも縫う布の厚みや種類によって針を付け替える必要があります。

針の種類と使い分け

針の種類の見分け方

針の種類には布帛用とニット生地用があります。

針をよく見てもらうと記号や数字が書いてあります。

そこを見ればどんな針なのか見分ける事が出来ます。

「HA×1 #11」と書かれていた場合「HA×1」というのは家庭用ミシンの布帛生地の針だと言う事が読み取れます。

後ろに書かれている「#11」というのが針の太さを示しています。

「HA×1SP #11」と書かれていた場合「HA×1SP」というのはニット用の針という事が分かります。

ニット針は布帛用と違い先端が丸みを帯びているのでニット生地を縫うことに特化しています。

この構造のおかげでニット地に穴が空くのを防いでくれます。

お店に買いに行くと沢山の針が並んでいますが、家庭用針・工業用針・ロックミシン用針と種類がありますので間違わないよう気をつけましょう。

布の生地にあった針の選びかた

一般的に針の太さは4種類あります。

#9 薄手用

ボイル、ローン、ジョーゼットなど1枚で着るような薄手の生地が目安になります。

薄手生地は生地で使用されている糸自体が細く繊細なので太い針をしようすると針の後が残る原因になります。

#11 普通地用

綿ブロード、シーチングなどシャツやブラウスなど生地の薄さで悩んだ時はこちらの針を使用して大丈夫です。

1番初めに購入した際付いている針はこの太さが一般的です。

#14 厚地用

デニム、キルトなど触った時に少し厚みを感じるかなという生地には#11と試し縫いし比較してから縫い始めるのが良いでしょう。

生地が厚くなると針をさす厚みが増すので、針が折れる原因になります。

#16 極厚地用

デニム、厚め帆布などワーク系厚手デニムや厚手の帆布を縫う時に使用します。

しかし#14まで揃えていれば殆どの布を縫う事が可能です。

あまりこちらを使用する機会は多くはないでしょう。

針の種類の使い分けは慣れてくるまで難しいです。

悩んだ時には布を購入する際、お店の人に聞くと事をおすすめします。

また布の素材が記載されているところに針の種類や糸の細さの目安が書いてあるので参考にするのが良いでしょう。

それ以外の針

布帛用とニット用以外の針にも実は種類があります。

それはレザーやビニールに適した針です。

こちらの針は普通地用の針よりも丈夫に出来ていて、お値段は少し高くなりますがレザーなどを縫いたいのであればこちらがおすすめです。

合皮であれば普通地用の#14番で塗っても大丈夫ですが、レザーや合皮だと厚手で素材が特殊なために普通地用よりもレザー用の針を使用する方が向いています。

あまり無理をするとミシンの故障の原因、寿命を縮める原因になるので気をつけましよう。

ミシン針の良くある質問

針が折れる原因

ミシンに慣れていない人にあるトラブルの1つです。

針が折れる原因には、上記で説明したように●針の太さと布の種類が合っていない

●針が消耗している

の他にも

●押さえが合っていない

●針を止めるネジが凹んでいる

などがあります。

押さえの種類が合っていないと針と擦れてしまいそれが原因で折れる事があります。

また昔はそれほど折れていなかった、新しい針に変えても折れやすい場合にはネジのゆるみが考えられます。

ネジが凹んでいるとしっかりと締めていても針がずれてしまうので、この場合にはネジをかえる必要があります。

針の変え方

ミシンの針を変える方法はそれほど難しくありません。

1.電源を切る

電源が付いていると何かの拍子で動いてしまえば怪我、故障の原因になります。

2.針を持ちながら横のネジを緩める

針を持っていないとストンと下糸の方へ落ちてしまいます。

3.針の向きを見る

針を変える際1番気をつけて欲しいのが針には向きがあるという事です。

ミシンに差し込む方を見て貰うと平らな面と丸みを帯びた面があります。

この平らな面を後ろ向けにして差し込みます。

多くのミシンが方向が違うと差し込めないと思います。

4.針を変えてネジを止める

針を取る際揺らしたり、強引に引っ張るようなことは避けて下さい。

またネジをキツく締めすぎるとネジの凹みにも繋がるので注意してください。

針を変えるときにはしっかりと上まで差し込まれているか確認しましょう。

また針が付けれたらゆっくりとはずみ車を回して針が押さえに当たらないか、針落ち穴に入っているか確認します。

この作業をしてなくてもしもズレていたら、針がすごい勢いで折れて飛んでいくので気をつけましょう。

まとめ

針も消耗品になります。

縫うたびに摩擦で針先が傷がいきます。

折れる事は殆どないですが、薄手針で厚手生地を縫うのはやめましょう。

傷がある針をそのまま使用していると布の種類と針の太さがあっているのに生地に穴が空いたり、つったりする原因になります。

またミシンに負担が掛るので生地にあった針を選ぶようにしましょう。