ミシンでの最も単純な作業それは雑巾作り!でも家庭用のミシンだと心がけておいたほうが良いことも

ミシンというもの、購入するタイミングや使う機会というのはそれぞれです。

共通しているのは、手縫いが面倒で時間がかかるから、ということではないでしょうか。

加えてどうしても手縫いの場合、慣れていないと縫い目がしっかりとしてくれないということです。

特に実用品としての雑巾は、これはしっかりと縫わなくてはなりません。

雑巾が縫えればいいやでミシンを購入するなとは言うけど

ミシンというもの、何よりも汎用性が求められるし、色々と用途を広げるなら安物よりもしっかりとしたメーカーのいい製品を、と言われますね。

この時に引き合いに出されるのが、雑巾です。

雑巾を縫える程度のミシンで満足してはいけない、などと悲しい言い方をされてしまうのです。

しかし雑巾、縫い方は単純ですが何と言っても実用品です。

縫い目がきちんとしていないと、あっという間にだめになってしまうのですね。

なので逆の言い方をすれば、良いミシンでなくては雑巾は縫えない、とも言えるのです。

もちろん雑巾の場合、直線縫いができれば大丈夫なので、そういった意味では特に性能の高いミシンを購入する必要はありません。

最も適しているのは、工業用ミシンや職業用ミシンですね。

専門的に特化されたミシンが最もシンプルな雑巾を縫うのにふさわしい、というのもちょっと皮肉な感じがします。

でも直線縫いを最もしっかりと縫うことが出来るのは、これらのプロの使うミシンでもあるのです。

家庭用のミシンでも雑巾はきちんと縫える

直線縫いだけでも縫うこと個出来る雑巾ですが、何故プロ用のミシンのほうが使い勝手が良いのでしょうか。

家庭用のミシンでは、うまく縫えないものなんでしょうか。

布を何枚も重ねるので

普通の雑巾というもの、何枚かのパイル地を重ねて作ってあるものが多いですね。

あまりに厚いと絞りにくいですし、薄いとペラペラして役に立ちません。

なので布をある程度重ねて作ることになるわけです。

この重ねた布、特に綿100%のパイル字というものは結構縫うのに力が必要なのです。

手縫いでやってみるとわかるのですが、針を通すにも力が必要です。

ミシンだと楽に縫えるのです。

その楽に縫えるパワーのあるミシンが、工業用のミシンなのですね。

プロ用のミシンが、雑巾縫いにおすすめなのはそういう意味からなのです。

家庭用のミシンだと

家庭用のミシンでももちろん、雑巾を縫うことは出来ます。

ただ余り布を重ねて縫うのは、時にパワー不足ともなります。

なので家庭用のミシンで、デニムとかを縫うのに適しているもの以外を使う時には、あまり厚手の雑巾を縫うことは諦めたほうが良いですね。

しっかりとした縫い目で、長持ちする雑巾を作るにはそれなりのパワーが必要なのです。

手縫いでやってみるとわかるのですが、本当に力がいるのです。

ミシンにもパワーが無いと、へたばってしまうのは明らかなのですね。

家庭用のミシンで雑巾を縫うには

では家庭用のミシンでうまく雑巾を縫うにはどのようにするのがおすすめでしょうか。

いくつか条件を上げていきましょう。

家庭で雑巾を作る時の材料は

普通家庭用の雑巾を作る時には、ある程度使い古したタオルの再利用が多いですね。

もしくは普段使わないでしまい込んでいたタオルなど、いっそ雑巾にして使ってしまおうという感じです。

このタオル、昔は薄手のものが多かったので、あまり問題なくそのまま利用ができました。

しかし今のタオルの場合、結構厚手でしっかりとしたものが多いです。

そうした、厚手のタオルは雑巾にするには、家庭用のミシンだとちょっと役者不足かもしれません。

できれば、昔ながらのパイル字の薄手のタオルが一番材料としておすすめですね。

タオルを材料にする時は

タオルを使って雑巾を作る時には、最低でも短い方の両端を切り落としてからにしたいですね。

殆どのタオルの場合、ここは折り返してかなり分厚くなっています。

そのままにしておくと、ミシンのパワーでは太刀打ちが出来ません。

しかも出来上がりが凸凹してしまいます。

その部分を切り落としておくことを忘れないようにしてください。

タオルのサイズにもよるけれど

実際に使うタオルのサイズと、使い勝手の良い雑巾のサイズ、これをきちんと把握しておきたいですね。

大判のタオルをそのまま使ってしまうと、雑巾としての出来上がりが大きくなりすぎて、使い勝手が悪くなります。

かと言って、折り返しすぎれば今度は厚手になってしまい、縫いにくくなった上に雑巾として絞るのに不便にもなります。

ちょっともったいないかもしれませんが、タオルを二つ折りもしくは三つ折りにして、丁度いい雑巾のサイズになるところまでカットしてください。

特に厚手のタオルの場合、二つ折りがせいぜいですね。

普通のパイル地の薄手のタオルでも、三つ折りくらいが最も使い勝手の良い厚さになります。

ミシンをかけるにも、このあたりが家庭用のミシンなら無理なくかけられる厚さですね。

まとめ

学校で使うからなど、雑巾を何枚と言われた時に、そんなに多くとパニクってしまうこともあります。

特に普段は殆どミシン掛けをしないという人の場合、慌ててあれこれ用意することになります。

しかし雑巾はとにかく、直線縫いだけで出来るものです。

気をつけなくてはいけないのは、その厚さだけです。

材料を揃えたら、後はどの程度の厚さなら自分のミシンでも縫えるのか、使いやすいかを考えてください。